【村上春樹がDJを務める村上RADIO】第4回放送はレアなアナログ・レコードの紹介!

 

どうも、はやとです。

 

村上春樹がパーソナリティと務める異例の番組「村上RADIO」
第4弾ととなりました今回のテーマはアナログ・レコード紹介と恋愛相談。

 

こちらでは村上春樹が自宅から持ってきたレアなアナログ・レコードを紹介します。

 

さて、今回はどんなことが曲を紹介したのでしょうか?
紐解いていきましょう。

 

最初はレコードについて語る

 

村上春樹は無類のアナログ・レコードのコレクターとして有名です。
まず、初めにレコードについてこんなことを言いました。

 

レコードって手に取って見ているだけで不思議ですよね。細かい溝がビニールの板の上にびっしり刻まれていて、それを回転させて針でこするだけでこんなにいい音で音楽きけちゃうんだから。いつ見ても不思議だなぁと感動してしまいます。CDだとそういう感動ないですよね。

あとね、あの、レコードは綺麗に掃除してあげればあげるほど、どんどん音がよくなるんです。そういうところも可愛いです。僕なんてもう、暇があればせっせとレコードを磨いています。

 

ほんとにレコード好きですよねw

 

でも、可愛いとか若干意味わかんないけどね~

 

確かにw

 

でも、そういう謎のアピールするところも村上春樹っぽいですよね。

 

村上春樹がおすすめの7曲

 

流石は村上春樹と言わざるを得ないほど、マニアックな曲ばかりですw
でも、レアな曲(手に入らないもの)も混ざっているますよ。

 

 

Tony Orlando & Dawn

 

紹介した曲名:Cupid

 

 

曲を紹介する前に「ガサガサ」と袋から出している音がツボでしたw
しっかりレコードを出して紹介している真面目さに胸きゅんです。

 

オシャレでまったりとしたテナーサックスから始まる曲です。
でも、曲調はポップでとても聴きやすい曲です。

 

CDアルバムを村上春樹が紹介してましたよ。

 

 

曲が終わりバレンタインデー近くの今日にぴったりな曲ということで「そこはバレンタインデーの夜のラブホテルみたいに込み合っていたという比喩を昔思いついた話を急に始めましたw

 

ただ、下品だということで使ったことないのでお好きに使ってくださいとのことです。

 

 

Ohta-San

 

紹介した曲名:Sunset

 

itunesで見つからず!!

 

残念というかマニアック過ぎです村上先生w
ただ、YouTube見つけたので貼っておきます。

 

 

村上春樹的には「ジェイクシマブクロも良いけどオオタさんの方が人間味があって僕は好き。心に染みますよね」と言ってました。確かに心地よい日曜日の午後にでも聴きたい曲ですね。

 

さらに、ここでもこんな村上節がありましたよ。

 

僕は結構、オオタさんのレコードを持っていて、というか集まっちゃってたんだよね。

 

どっちでもいいわw

 

しかしここは、自称村上ファンの僕としては村上春樹が持っているものは僕も聴いておきたい。
といことで、オオタさんの曲を聴きまくろうとiTunesで探してみました。

 

あの、、、ウクレレっていいですねw
心に染みるって分かる気がする。

 

これなんか良かったですよ。

 

 

 

ストレスとかある時はこういう曲を聴いて何も考えない時間を作っても良いかもしれないですね。

 

Los Mustang

 

紹介した曲名:Cuando Tenga Sesenta Y Tres

 

itunesで見つからず!!

 

まじか、、すごいぜ村上春樹!
ってことで、YouTube貼っておきますね。

 

 

ビートルズのWhen I’m Sixty-Fourのカヴァーですね。
スペインのグループのようですよ。

 

スペインのバルセロナのフリーマーケットで購入したようですよ。

 

気になっていることがあるようでスペイン語でのタイトルは「Cuando Tenga Sesenta Y Tres」でこれは「63歳になったら」と訳されるみたいです。

オリジナルは64歳なのになぜだろうとずっと疑問に思っているとか。
ちなみに村上見解では「韻を踏むために変えている」だそうですがよくわかってないそうです。

 

また、自信が64歳になった時の誕生日にWhen I’m Sixty-Fourを聴いた時の感想を言ってました。

特に感慨みたいなものはなかったですね~。64って別に普通じゃないみたいな感じだったなぁ。

 

大好き、村上春樹!

 

The Art Of Noise featuring Duane Eddy

 

紹介した曲名:Peter Gunn

 

 

この曲が始まるやいなや「かっこいんだよね」という村上春樹さんの心の声が良いw
少しメロウな感じだけどリズムカルで思わず体が動いていしまうノリのあるサウンドですね。

 

なんと、このレコードですが1990年始めにボストンに住んでいた頃に「朝、混み捨てに行ったときにごみ捨て場で拾ったんです」って言ってました。

それ以来に愛聴しているです、って普通に言ってるあたりが流石ですね。

 

Ramona

 

紹介して曲名:Flashdance – Tanz Im Feuer

 

itunesで見つからず!!

 

恐るべき村上春樹w
YouTube貼っておきますね。

 

 

1984年くらいにドイツを旅行中に購入したそうです。

映画「フラッシュダンス」の主題歌ですね。
一度は聞いたことがあると思います。

 

改めて聴いてみたら良い曲ですね。
グルーヴもしっかりしていてメロディもキャッチーで覚えやすい。

曲中に村上春樹がこんなことを言ってました。

英語でヒットソングを英語以外の言語で訳して歌っているものが大好きで僕はずいぶん熱心に集めています。翻訳の仕事をしているのでどうしても言語の置き換えに興味があるんです。

例えば、ノルウェイ語で歌うビーチボーイズとか中国語で歌うカーペンターズとか。

 

独特な趣味を持ってますよね。
さらに最後にこんなことも言ってました。

 

問題があって、タイトルが英語で書いてないから探すのが大変。暇がなければなかなか出来なからね。しかもやったとしても、人生の役に立つことでもないしねぇ。

 

分かっててやってるなら仕方がなし!

 

 

The Hitmakers

 

紹介した曲名:Chapel Of Love

 

itunesで見つからず!!

 

というか、紹介したレコードは非売品w
もはや定番となったYouTube貼っておきます。

 

 

 

1958年のヒット曲。
ラブソングって感じですね。

 

ホノルルの中古屋で手に入れたレコードで上でも書きましたが非売品だそうです。

当時、ホノルルの地元放送局が配っていたレコードだそうで、曲の始まりと終わりに放送局のジングルが入っています。これが60年代っぽくて好きだと熱弁していました。

 

 

Blossom Dearie

 

紹介した曲名:The Good Life

 

itunesで見つからず!!

 

もう、驚きませんw
YouTube貼っておきます。

 

 

村上春樹も大好きなアーティストだそうです。
声が可愛いので「妖精おばさん」がぴったり合うと言ってました。

それ、褒めてる?w

 

1980年代にロンドンの小さなクラブで一度だけブロッサムディアリのThe Good Lifeをライブで聴いたそうです。弾き語りだったそうですが至福な時間だったと言ってました。

 

個人的にに、今回の村上RADIOで紹介されたアーティストの中で一番好きです。
速攻でCD買おうと思ったのですがAmazonで見つからず(ラジオではCDになってると言ってましたが・・)

 

まぁ、無いものは無いので仕方がないです。
他のCDを買いましたよ。

 

 

70曲入ってるのでボリューム満点です。
ほんと素敵な声です。

 

 

最後に

 

作家としてしか知らない人が多いのでこういう機会があると知らない部分が見えていいですよね。
実は人間味溢れるおじさんなんだと親しみが湧きましたw

 

こんな風に親しみをもってから読む村上小説も印象が変わるかもしれないですね。
僕がおすすめする村上春樹の小説の記事もあるので読んでみてください。

 

【最終決定『長編』版 part2】村上春樹のおすすめ小説3冊を紹介!

2019年1月25日

【最終決定『短編集』版】村上春樹のおすすめ本3冊を紹介!

2019年1月13日

【最終決定『長編』版】村上春樹のおすすめ本3冊を紹介!

2019年1月13日

 

 

村上RADIOは2019年も放送していくとのことでよかったです。
こういう機会がないと聴けない曲ばかりで嬉しい。

 

これからも追って行きたいと思います。
最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

それでは、はやとでした。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク