【日本最南端の島、波照間島へ行こう】波照間島に行くための全てのことを紹介します!

 

どうも、はやとです。

日本の有人島では最南端になる波照間島へ観光に行く際の全てについて書きたいと思います。

 

全てって具体的にはどういうこと?

 

突っ込むねぇw

 

具体的にはこんな感じ↓

  • ベストシーズン
  • 飛行機とホテルの予約サイト
  • 日焼け対策は絶対にしていくべき!※ここ重要なこと書いてます。
  • 波照間島のおすすめ場所3つ紹介

 

僕はひとり旅で波照間島に何度も行ってますので、準備するものや旅行にいくベストなタイミングや飛行機情報までとにかくすべてを紹介しちゃいます!

 

なので、最後まで読んでいただけたら波照間島へひとりで旅出来るようになりますよ。

 

今でも謎多き波照間島の実態とは?
紐解いていきましょう!

 

 

ベストシーズンは絶対に7月初旬

 

旅行を考えるときって、いつ頃行けばいいか迷いますよね。
その場所によってベストシーズンがありますからね。

 

照間島はというと結果的に7月初旬がベストオブベストです!
その理由について書いていきますね。

 

波照間島ってどこにあるの?

 

波照間島って沖縄なんです。
でも、沖縄本島よりも石垣島よりもっと南にある島なんですよ。

 

 

沖縄本島よりも台湾の方が近いんですw

 

石垣島から高速船かフェリーで向かいます。

  • フェリー:所要約2時間(片道) 1,540円
  • 高速船:所要約60分~80分(片道) 3,090円
注意
フェリーは火、木、金(第2、第4)、土の運行となります。運行に関しての詳細は安永観光を見てください。石垣島からそれぞれの島に行く船の情報が見れます。

 

高速船で僕は毎回行ってますが、鬼のように揺れますw
というか、跳ねますw

 

船酔いする人は酔い止め必須です。
余談ですが後ろの方の席が酔いにくいみたいなので早めに港にいくのがおすすめですよ。

 

 

「はてるま」は「果てのサンゴの島」という意味があるんだよ~

 

急に、なに?w

 

でも、趣があっていいですね。

 

石垣の街並みとどこまでも続くサトウキビ畑。
青く透き通った海「波照間ブルー」

 

夜空に散らばる星々の輝き。
南十字星が見えることでも有名ですね。

 

それだけ苦労しても行きたい場所。
それが波照間島なんですね。

 

だからこそ、行く時期はしっかりと選ばないと駄目なんです。

 

梅雨真っ最中の5月中旬~6月は避けるべき

 

日本で一番はやい梅雨入りですね。
早い時だと4月に梅雨入りした年もあるみたいですよ。

これは、毎年に違うことなので断言はできないとこもをありますが、
5月中旬~6月は梅雨で雨が多い季節となっていますね。

 

せっかく波照間島に来たのに、青空ではなく曇り空だとテンション下がりますよね。
梅雨の時期はやはり避けたほうが無難です。

 

台風の発生しやすい7月中旬~9月は避けるべき

 

台風は多いんです。

南の国ならではの被害です。
これは仕方がないことなんですよ。

特に沖縄は毎年ニュースにもなりますね。

 

せっかく休みをとって旅行を計画しても台風で飛行機が飛ばないんじゃ意味がない。
なので、台風の被害に合わない時期が一番いいんです。

そうなると、必然的に7月中旬~9月を外して計画したほうが良いですね。
年間を通しても7月中~9月くらいが一番、台風が発生しています。

その時期を避けるのが無難ですね。

 

シーズン外
シーズン外(11月~3月)とかだと比較的いきやすいです 。ただ、いくら沖縄でも海に入れるような気温ではないのです。あくまで沖縄に行くことのみを狙った旅行です。

 

他のサイトのおすすめシーズンに注意

 

他のサイトだと5月~9月と大雑把に書いてあったり8月が夏を満喫出来るベストシーズンとか書いてありますが、あれは盛ってますw

 

嘘ではないですがリスクが高いです。

 

確かに5月と6月は飛行機代も安いし気温も高めなので行っても問題ないですが、残念ながら梅雨の時期真っ最中なので夏を感じることは出来ない可能性が高いです。(晴れる場合ももちろんありますよ)

 

また、8月~9月ですがこれは行楽シーズン(お盆休み)等が重なるので異常なほど飛行機代が高いです。それなのに沖縄には台風の上陸確率が高いです。

僕はやはり、おすすめは出来ないです。

 

補足
あくまで個人的な意見なので「どうしても休みがお盆しかない」というのであれば仕方がないと思います。ただ、台風発生率はやはり高いのでしっかりと準備はした方がいいです。特に台風で帰ってこれないケースは年頭に置いておきましょう

 

ベストシーズンは7月初旬!

 

美しい自然を楽しむことが出来る夏ということを踏まえて
波照間島へ行くベストシーズンですが7月初旬以外にありえません!

 

理由は、沖縄の梅雨が明けてかつ飛行機代が高くならない期間がまさに7月初旬なんです。
僕が行くときは毎回『7月3日~7月10日』で旅行に出かけてます。

ちなみに4回くらい行ってますが、台風に出会ったことはないです!
これもこれで超ラッキーなんですけどね。

 

でも、ベストはこの時期だと思います。
天の川も見れるのでおすすめですよ。

 

おすすめの飛行機とホテルの予約の仕方

 

次に迷うところですよね。
世の中には沢山、旅行会社がありますからね。

 

正直、どこでも良いと思いますw

 

というのも、大体1月くらいからゴールデンウィークや夏休みの早割りが出てますからね。
タイミングが合えば激安航空チケットも取れますよ。

 

でも、その場合は飛行機とホテルは別々でチケットを取らなくてはならないんですよね。
僕は面倒なので飛行機とホテルのセットで予約しています。

 

僕はいつもここで予約してます

ANA・全日空で行く 格安国内ツアーはスカイツアーズ

 

とりあえず、ホテルと飛行機を決めちゃいます。
僕はいつも石垣島フリープラン3泊4日で予約します。

石垣島フリープラン
石垣島に行く飛行機と石垣島での滞在ホテルを予約できます。グレードやレンタカーなどオプションで付けなければ最初に表示される金額のまま行けますよ。僕は3泊目だけちょっと高めのホテルを予約してます。

 

ホテルと飛行機の予約を決まりましたね。
次は持っていくものを準備しましょう。

 

日焼け対策は絶対にしていくべき!

 

波照間島に行くときに必要なものって日焼け対策が出来てるかどうかで十分です。

 

僕も最初の時は、用意周到にと思って「タオル多め」とか「着替え多め」とか考えてましたが全くをもって心配なんてありませんでした。最悪、石垣島のコンビニで買えますからねw

 

ただ、日焼け対策だけは事前に準備しておかないと現地ではなんともならないです。
なぜなら、しっかりとした商品を現地で買うことが出来ないからです。

 

そのしっかりとした商品とは何か?

それは、ラッシュガードです。

 

 

ラッシュガードをおすすめする理由

 

単純に海でも島を散策中でもオールマイティで着れるからです。
あとは、通気性や吸汗性が良いため夏真っ盛りの中で長袖着ててもそんなに苦ではありません。

 

これは、本当に重要です。

 

僕は普段の生活では日焼け対策は一切しないので
そもそもラッシュガードという存在すら知りませんでした。

 

初めて波照間島に行ったときに海水パンツいっちょで砂浜で日焼けしたら、体中に水膨れが出来て大変なおもいをしました。

 

直射日光がやばいぐらい熱いので、外に出るときは必需品です。

 

正直に言うと、夏真っ盛りに長袖を着るっていうのが自分自身で許せないところもありますw
でも、ほんとに僕のように火傷してしまうので日中に外に出るときは(海か散歩)着ていった方が無難です。

 

注意
石垣島の散策であれば火傷の心配は無いですが日焼け対策ではもちろん必要です。

 

そういう意味では、海で泳いで休憩中にぱっと着れたり、島を散策中でもベタベタと邪魔にならないラッシュガードをおすすめしてます。

 

 

男性におすすめラッシュガード

 

 

ガチで日焼けしたくないって考えるのであればダークカラーがおすすめです。
ホワイト系は紫外線を反射するのでラッシュガードで覆われていない顔や手が焼けてしまうこともあるよです。

僕は、マリンカラーですけどねw

 

 

女性におすすめラッシュガード

 

紫外線を98%以上カットする優れものです。
袖に指穴が着いており、手の甲までしっかりガードできるので機能もいいですね。
個人的に女性に来てほしいラッシュガードですw

 

楽しい旅行にするために万全で行きましょう。

 

日焼け止めクリーム使用についてのお願い※ここが重要な話

 

少しだけ話しが脱線しますが、ぜひ読んでほしいことです。

 

日焼け対策では定番の日焼け止めクリームがあると思います。
これを使うことには問題ないのですが、使うタイミングを考えて欲しいです。

 

具体的には「海で泳ぐ前に日焼け止めクリームを塗らない」ということです。

 

日焼け止めの成分は人間には害がなかったとしても、海には悪影響を及ぼしていることが分かっています。日焼け止めクリームに含まれている成分の中でも、害があると言われている成分は4つあります。

  • パラベン(防腐剤)
  • ベンゾフェノン(紫外線吸収材)
  • ケイ皮酸(紫外線吸収材)
  • カンファー抽出物(紫外線吸収材)

 

これらは、海を汚しているだけでなく海のサンゴ礁を白化させる原因になっています。

 

サンゴは海をきれいにしてくれています。
そのサンゴが減れば当然、海は汚れていきます。

 

個人で使ってれば問題ない、と思うかもしれませんが
その個人が数千万人といれば影響が出るに決まっています。

 

この情報は知らない人が多いのが現状です。
今回、初めて知った人は今後はやらないようにしましょう。

 

どうしても海に入る時も日焼けが気になるという方は
環境に優しいbiodegradableの日焼け止めをおすすめしています。

 

「biodegradable」 (バイオディグレイダブル)
「自然に分解される」製品のことで、流出しても微生物によって自然に無理なく還っていく成分で作られている製品です。簡単にいうと環境に優しいものです 。

 

 

 

 

 

オーガニック製品だけあって料金が高めです。
でも、個人で意識をしてやっていかないと海は汚される一方なのです。

 

どうか、責任ある行動をとってもらえると嬉しいです。
澄んだ海は本当に宝です。

 

 

波照間島のおすすめスポット3つ紹介!

 

波照間島で何をすればいいの?ってことですが、正直、海行ってぼんやりしてれば十分です!

 

え~!せっかく行くなら色んなとこみたいじゃん!

 

ですよねw

 

では、波照間島で絶対に行くべき場所を3つご紹介します!

 

ニシ浜ビーチ

 

 

やばくないっすか?

 

 

やばいっすよね?

 

 

どうせ、加工して盛り盛り画像にしてるんでしょう~?

 

いいえ、違います。
加工いっさい無しの完全無修正画像です。

 

本当にきれいな海ですよね。
透き通っていて、どこまでも広がっていて、、最高!

 

シュノーケリングなんかも楽しめますよ。
海入ってちょっと泳げば熱帯魚が沢山います。

 

シュノーケリンググッズも借りれますよ。

 

西浜ビーチの上に「ペンション最南端」というペンションがあるのですが
その軒先の「クマノミ」というレンタルショップで借りれます。

 

ちなみに波照間島での移動手段は基本的に
原付バイクか自転車になるので、ここでレンタルしてもいいですね。

 

レンタルショップクマノミ情報

■電話番号:090-8290-2823
■各種レンタル料金
・原付バイク:4,000円/日 800円/時間
・自転車:1,500円/日 250円/時間
・シュノーケルセット:1,500円/日

 

西浜ビーチにはトイレ・更衣室・シャワーもあるので安心ですね。

 

日本最南端の碑

 

 

ここも行くべき場所ですね。
周りも開けていてとても気持ちのいい場所ですよ。

 

ほんと、最果ての場所にきたなぁと感じます。

 

波照間島は1日に来れる人数が限られているため、ほとんど人とすれ違いません。
こういう最果ての場所で一人っきりで自分と向き合うのも素敵ですね。

 

そばカフェあとふそこ

 

 

西浜ビーチで泳ぎ、島をめぐりがてら最南端へ行く。
そんな疲れか体を癒してくれる場所。

 

テラス席では気持ちの良い島風があなたを包み込む。
まさに島時間。

 

とにかく暑い島の憩いのオアシスです。
島めぐりの途中にふと立ち寄ってみてください。

 

 

おすすめガイドブック

 

 

一人旅をするときはてくてく歩きシリーズを買ってます。

 

題名には「波照間島」は出てないですが
いわゆる八重山諸島のガイドブックとなります。

 

 

これ一冊あれば八重山諸島も制覇間違いなし!

 

 

 

 

最後に

 

波照間島は本当に素敵な場所ですが
準備と時期はしっかりとしていきましょう。

 

行くにもなかなか大変なところですが
それだけ行く価値のある場所です。

 

「何もないのに全てがある」

それが僕にとっての波照間島です。

 

僕のブログが波照間時に行こうと考えている
あなたの背中をそっと少しでも押せたのなら嬉しいです。

 

最後もまで読んでくれてありがとうございました。
それでは、はやとでした。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク