SNSキャラ作り専門家のちょなさんにヘッダーとアイコンの作成依頼をしてみました!

どうも、はやとで~す

 

ブログとTwitterを真剣に取り組むならヘッダーやアイコンにはこだわりたいですよね。
代表的なサイトはココナラがありますね。単価500円で作ってくれるとかで有名です。

 

でも、全くコミュニケーションも取ったこともない人に仕事を依頼するって抵抗があったり、安い単価で作れるのは良いけど、みんな似たり寄ったりになって個性がでないんですよね。

 

でも、しっかりとしたヘッダーとアイコンを作りたいと途方に暮れているときにTwitterである人に出会うことになります。その人の名はちょなさんです!

 

ちょなさんサイト

アイコン・ヘッダー画像作成依頼

 

もう、この個性的で可愛らしいイラストにひとめ惚れ。
Twitterでもいつも気になっていました。

 

でも、SNS上での仕事の依頼ってどうなんだろう?と不安もあったのでなかなか切り出せずにいましたが、あるきっかけでちょなさんとの距離感が縮まりちょなさんは信頼できる人と判断し仕事をお願いしました。

 

結果的には、素晴らしいヘッダーとアイコンを作ってもうらことが出来ました!

 

今後、ちょなさんのイラスト作成の依頼は多くなっていくので、少しでもちょなさんを気になった人の背中を押せたら嬉しいです。

 

この記事を最後まで読めばこんなことが分かります。

  • ちょなさんとのヘッダー/アイコンの作成へのやり取り
  • ちょなさんの奇跡的に優しい人柄
  • SNSも人を信頼することが出来るって事実w

 

では、紐解いていきましょう!

 

ブログのヘッダーが出来るまでのやり取り

 

ちょなさんに仕事を依頼しブログのヘッダーが無事に出来るところまでを紹介します。
分かりやすくするために、実際にやり取りしたDMの一部も公開します。

 

仕事の依頼はTwitterのDM

 

上記のちょなさんサイトにも書いてありますがTwitterのDMで依頼すればOKです。
ドキドキしましたが依頼をしてみました。

 

 

こんなんで良いのかなぁと不安になっていると返事がきました。

無事に返事がきました!
しかも、めっちゃ丁寧な返事!

 

そんな訳でまずはブログのヘッダーを作ることになりました。

 

 

イメージを伝える

 

ブログのヘッダーは大まかなイメージがあったのでそれを伝えることにしました。
心がけたの、ちょなさんがイメージしやすいように言葉だけでなく見えるようにすることにしました。

この他にもヘッダーで使うギターの画像を送ってます。
返事はこんな感じ。

見える作戦成功!
と、ここでちょなさんから質問がきます。

服装なんて考えてなかった!!
でも、全くイメージなんてもってなかったのでグダグダ回答に。

 

オール言葉w
ほとんど、ちょなさんに丸投げw

ちなみに、ちょなさんの返事はこちら。

神対応♡
ほんとすいません。

 

兎にも角にもイメージを伝えました。
そして、次の日になんと下書きが完成!!

『台に足を乗っける』という発想は僕にはなかったのですが、ちょなさん自身が自ら発想してくれたのがとても好印象でした。言われたイメージをこなすだけではなく、しっかり僕と向き合ってくれてるのが感じられました。

しかも、訂正依頼という少々言いずらいことを言いやすくしてくれる環境作りのための優いお言葉を最後にしっかり言ってくれる。ほんとちょなさんは人柄が良いです。

 

そして、その言葉を鵜呑みにする僕がここで調子に乗ります。

さらに、

おお!凄まじく指示してんなぁ、僕。
これに対してちょなさんの回答。

はい、神!
ありがとうございますって言えるって凄いよなぁと思います。

 

そして、出来上がったのを早速送ってくれました。

 

 

 

どれも、良い!ってか全部欲しい!
でも、選ばなくてはならないので黄色Tシャツに決めました!

理由は妻が提案したコーデだったからですw

 

いよいよ完成か?と思いましたよね?
いえいえ、まだですよ。

 

ここで、眼鏡のフレーム大きくしたい事件が勃発したのです!

発端はもちろん、僕の眼鏡に対する異様なまでのこだわりです。

 

ほんとにわかりずらいw
でも、ちょなさんは真摯に答えてくれます。

 

 

ほんとに素敵な人!!
そして、すぐさま対応してくれました。

やはり、『太く』と『大きく』のイメージがうまく伝わってないと判断。
そして、僕は最初の言葉だけでなく見えるようにすることを思い出しました。

 

伝わるわけないw
謎の赤フレームww

 

これ以上は無理かなぁと思いました。
しかし、ここで奇跡が!!

伝わったー!!

いやー、書いてみるもんですねw

 

そして、例の如く迅速に対応してくれました。

 

イラストの指示センスが凄いって僕を持ち上げてくれてます。
いえいえ、違います。全てちょなさんのおかげです。

 

そして、この後は僕のブログ名を入れてもらい完成となりました!

 

 

素敵なヘッダーが出来上がりましたね!

 

ちょなさんにアイコン作成の依頼もしました

 

最初の依頼では、Twitterのヘッダーもお願いしてたのですが、Twitterはまだ方向性が決まってないことを考え急遽、アイコンを作ってほしいとお願いしました。

もちろん、ちょなさんは良いですよと快く引き受けてくれました。

 

ブログの吹き出しアイコン

 

依頼したのはブログで使われる吹き出しに使うアイコンです。

 

最初に依頼したのでこちらです。

  • 僕のアイコン(表情:喜怒哀楽)
  • 妻のアイコン(表情:喜怒哀楽)

 

ただ、喜怒哀楽って『喜』と『楽』って一緒かなぁと依頼した後に気づいたので、依頼を変更しました。それに対してもちょなさんは快く引き受けてくれました。

 

次の依頼がこちらです。

  • 僕のアイコン(表情:普通、悲しい、楽しい) 
  • 妻のアイコン(表情:普通、悲しい、楽しい)

 

『普通』のアイコンをまず作成してもらい、次に『悲しい』に取り掛かり下書きを送ってもらった時に、『悲しい』なんて必要ないんじゃないかって思いました。

でも、下書き描いてくれたしなと思ったんですが『悲しい』は必要ないです、とお断りしました。自分で依頼しといて何なんだと思いましたが、ちょなさんは快諾してくれました。

補足
『悲しい』のアイコンに関してのサプライズな出来事が起きたのですが、そのことは下に書いてます

 

最終的な依頼はこちら。

  • 僕のアイコン (表情:普通 、たじろぐ(焦る) 、喜ぶ(楽しむ)
  • 妻のアイコン (表情:普通 、怒る)

 

最初の依頼と全く違うし!

 

でも、ちょなさんはそのことには触れずに依頼に対して真摯に対応してくれました。
ほんと、素敵な人。

 

そして、アイコン作りもヘッダーと同じように実に様々なやり取りがあったのですが(往々にしてちょなさんが大変だった)ここでは紹介しきれないので割愛します。

とにかく、こちらの要望をしっかりと応えてくれるプロなちょなさんです。

 

吹き出しアイコン完成

 

僕のブログに命を吹き込むアイコンが完成しましたのでお披露目します。

 

僕(普通)

 

僕(焦る)

僕(喜ぶ)

 

妻(普通)

 

妻(怒る)

 

ほんと、LINEスタンプにしたいぐらいのクオリティです。

 

ちょなさんのスーパーサプライズ

 

全ての依頼が終わりLINE Payでお支払いを済ませたことを知らせようとTwitterのDMを開くとこんなメッセージが!

ま、まさかと思い目を凝らしてみると!!!!!!

 

僕(悲しみ)

 

なんと、僕のわがままでボツになったアイコンをプレゼントしてくれるというサプライズ!
これはほんとに感動しました。

 

もう、イラストは一生ちょなさんにきーめた。

 

SNSキャラ作り専門家ちょなさん

 

ちょなさんにイラストをお願いするときTwitterのDMで依頼します。
下記、ちょなさんのサイトに書いてありますよ。

サイトにはちょなさんが書いた作品も見れるようになっているので気になった方はみてください。

 

アイコン・ヘッダー画像作成依頼

値段

 

  • Twitter用アイコン作成:4,000円
  • Twitterのヘッダー/固定ツイートのイラスト:6,000円

 

でも、ちょなさんのサイトURLを付けてツイートすれば1,000円割引きになります!

 

こんなことで割引きで良いのって思いますが、実際にツイートしたら割引きでした。
こんなとこまで素敵なちょなさん。

 

正直な話しをすると、僕のお小遣いに痛恨の一撃が入りましたが、作品のみならずそれに付随すること(仕事の速さやDMのやり取り等)を考えれば費用対効果は抜群です!

 

ヘッダーやアイコンに迷っている方で、SNSで依頼したことない人にはちょなさんはおすすめです。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

とにかくちょなさんは仕事が早く、辛抱強く、優しい人でした。
それに加えて作品が抜群に良いというのであれば言うことなしですね。

 

作品が素晴らしいということは大前提でありますが、それ以外に『人』として尊敬出来るのでがっつりとイラストをお願いしました。

 

やっぱり最後は『人』だなぁと思いました・

 

 

この記事が少しでも役に立ったら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、はやとでした~

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク